ガンプラが大量に壊れましたが、私は元気です

どうも、よろづ屋のBossことまりちゃんです。

本当は幼稚園が始まったことで生活が変わったよー!とか、幼稚園の役員になってやったぜー!とか、いろいろ書きたいことがあるのですが、今回は熊本地震を受けて私が思ったことを書いていきます。

よろづ屋

自分が振り返るために、実際に体感して思ったことなどを書いているので、地震について思い出したくないという方はご遠慮くださいm(_ _)m

震度7の恐怖

最初の揺れを感じたのは、4月14日21時26分。

4月12日から長男が幼稚園に通い始めたのもあり、ゼッケン付けなどで夜なべが続いていた私は、14日は子どもたちと一緒に早々に就寝しました。

21時半頃、急に大きな揺れが九州地区を襲いました。

ガタガタ...最初は小さな揺れでしたが、途中から大きな横揺れへ。

20秒ほど揺れましたが、とてつもなく長い時間に感じました。

小郡では震度5だったそうです。

 

幸い、両隣に寝ていた息子たちは起きることもありませんでしたが、その日の夜は何度も緊急地震速報が流れ、近くの高速では常にサイレンが鳴り、上空からはヘリが行き交う音が聞こえたため、なかなか寝付くことができませんでした。

本震

誰もが、この2度目の地震は予想していなかったと思います。

4月16日深夜1時25分、本震といわれる地震が再び九州を襲いました。

私が住んでいる地域は福岡県小郡市というところなのですが、小郡でも震度5強を観測しました。

2度目の本震は前震と違い、とても長く揺れました。

西方沖地震よりも、ひどく強い揺れだったと思います。

 

最初の揺れは『ドンっ』という感じで、そこからの横揺れがとても激しかったです。

横ではなく、前後に大きく揺れる感じでしょうか...

とにかく、この揺れが1秒でも早く収まってほしい、そればかりを願っていました。

壊れたモノ

とても大きく揺れたといっても、震源地からは結構離れていたため、家が倒壊したり瓦が落ちたりといった被害はありませんでした。

柳川あたりは停電したみたいですが、電気もガスも水道も無事です。

ただ、唯一大きく壊れたものがあります。

 

それが、『ガンプラ』です...orz

 

まず、1回目の地震を受けての写真がコチラ。

よろづ屋
よろづ屋

寝室の隣のリビングのあちこちに飾っていたのですが、大量に落ちてました...。

2枚目の写真は何も被害を受けていないように見えますが、実は飾っているガンプラの上に、さらに突っ張り棒を張ってズラーっと飾っていたのですが...全滅!!!

そして、さらに本震を受け、こうなりました。

よろづ屋

あぁぁぁぁぁぁぁ、私の傑作たちがぁぁぁぁぁぁ...

落ちてしまったものは、ほとんどパーツが破損して欠損したものが多数...

パーツを拾い集めるも、どれがどれのものかわからず...

さらに、余震が頻発することから修復する気力がゼロに...

 

落ちてしまったものは一度破棄することにしました。

子どもが壊れたパーツを拾うのも危ないですしね(><)

よろづ屋

そして、2度の地震を受けた結果、ガンプラの数は半分までに減少...

これ以上の被害を考慮して、すべてのガンプラを棚から下ろし、段ボールやらオモチャ入れに収容しました。

よろづ屋
よろづ屋

段ボールにはジョージの荷物が入っていたのですが、その荷物よりもガンプラを優先させたいので、よしとしましょう!

(ジョージの机の上にドーンと荷物置いてますよ!)

子どものオモチャ箱に入っていたオモチャも、勝手に別の箱に移しちゃいました!

きっと気づかないと思うので、これもよしとしましょう!

 

段ボールに入りきれなかったガンプラは、私の仕事机の上へ...

結果、iMacでの作業は一切できなくなってしまいました。

 

まぁ、これもよしとしましょう!

壊れてしまったけれど

壊れてしまったのはガンプラでしたが、私は無事です、生きています。

震源地でもないのに大ゲサだと言われるかもしれませんが、生きているんです。

 

2度目の揺れが来たとき、もうダメだ!と思いました。

私が子どもたちと寝る部屋の真下には、足の悪い祖母の部屋があります。

本震の揺れを感じたとき、もう無理だと思いました。家が倒れるんだと本当に思いました。

地震のあと、何度も鳴る緊急地震速報の音に、涙が出ました。

高速からサイレンが聞こえるたびに、また地震がくるのでは...と不安になりました。

夜中の3時頃に市全域に向けての放送で、避難場所が開設されたというのを聞いて、逃げようかと思いました。

小さな子どもを2人抱えて逃げ切れるか不安もありました。

 

何より、ジョージと離れ離れになっているのが1番不安でした。

 

iPhoneでメッセを打つ指が、手が、とても震えました。

それだけ、とても恐怖でした。

 

ですが、生きていればこれから先、いくらでもガンプラを作ることができます。

たくさん壊れてしまいましたが、また新たに作り直すことができるんです。

 

今回の地震を受けて、生きているということへの感謝を実感しました。

熊本では、JimdoCafe 熊本とJimdoCafe 水前寺を運営されているお二方とそのご家族が被災されました。

みなさんと連絡がとれたときの安堵感は、本当に計り知れません。

 

それだけ、生きているということはとても尊いものなのだと、私は思います。

ジョージは東京で頑張ってます

我が家のジョージですが、最初の地震があった4月14日の16時の飛行機で、東京に旅立っておりました。

ジョージはすこぶる元気(なはず)です。

GW直前の4月28日にしか、福岡には帰ってこられません。

よろづ屋

ジョージもとても不安だったと思います。むしろ、今も余震が続いているのをニュースで見るたび、不安になっているんだろうなと勝手に思ってます。

 

ですが、揺れも最初に比べるとマシになってきましたし、普段の生活で多少揺れても気にならなくなってきました!

ジョージが福岡に戻ってくる4月末もおそらく余震が続いているかと思いますが、私を始め、よろづ屋一同は元気ですよ!

安心して帰ってきていただきたいなと思います。

まとめ

被災地熊本は、福岡のお隣の県です。車で2時間もあれば、小郡から熊本城まで行くことができます。

福岡では4月19日現在、薬局やスーパーから水やカップ麺が消えています。一時期は、牛乳も消えました。

福岡も西方沖地震のときは被災地でした。

だからこそ、熊本を応援します!

これ以上のひどい地震が起こらないこと、また1日も早い熊本の復興を願っております。

追記

16日の本震後に、大量のガンプラがプレバンから送られてきました...初めてガンプラの箱を見て、複雑な気持ちになりましたw